ヴァイオリン講師

  丹沢広樹
  渡邉佳奈子


 丹沢広樹

 現在アンサンブル「ソナール・カンタンド」、
 「コントラポント」メンバー。

 2000年より国内外で演奏、研鑽を積む。2008年「Cembalism!!」の録音に参加、翌年NHK―FMにCD収録曲で生出演。同年「ソナール・カンタンド」での公演が月刊「音楽の友」誌にて『年間コンサートベスト10』に選出され、2010,12年ブレーシャ国際音楽祭に招聘され演奏、加えてストラディヴァリが婚礼を行ったクレモナの聖アガタ教会にてAll Bachのプログラムを披露。2012年よりピアソラ5重奏団を主宰。また2013年より鍵盤奏者の杉本周介と八ヶ岳より古楽プロジェクトを定期的に発信。2014年「ソナ・カン」待望の初アルバム『ケルティック・バロック』をリリース。2015、17年古楽アンサンブル「コントラポント」にて『モンテヴェルディのヴェスプロ』の収録に参加、4K動画をOttavaより配信中。2016年より室内楽シリーズ『楽壇の巨匠たち』を開始。ヴァイオリンが誕生したルネサンス〜現代までの多様な音楽と対峙し続けるほか、オーケストラから幼児教育まで広く指揮、指導にあたる。


 【丹沢広樹先生のCD紹介】詳細はジャケットをクリックしてください


ページトップに戻る

 渡邉佳奈子

 東京音楽大学付属高等学校を経て同大学卒業。

 在学中よりフジテレビドラマ《のだめカンタービレ》のだめオーケストラメンバーとして活動。同ドラマへ出演。クリスタル・ケイなどをはじめとするアーティストのMV、au、日興コーディアル証券など企業CMへ出演。

 公立小・中学校で音楽科教師として5年間勤務を経て、横浜市内を中心に後進の指導にあたる。
 レッスンで大切にしていることは、『努力を惜しまず、自分を信じる力を育てる』
 これまでにバイオリンを鷲見健彰、久保陽子、ビオラを河合訓子の各氏に師事。



ページトップに戻る

Copyright (C) 2009 Piano Clinic Yokoyama. All Rights Reserved