講師陣のCDを紹介


 丹沢広樹先生


【曲目】
[01]  船は進むよ〜サラトガ・リール〜妖精の踊り
[02]  バーバラ・アラン
    《スコッツ・チューンに基づくトリオ・ソナタ》J.オズワルド
[03]  ラルゴ〈おお、お母さん、どうしましょう〉
[04]  アダージョ〈エトリック川のほとり〉
[05]  アンダンテ〈彼女は立ち上がり、私を招き入れた〉
[06]  ラルゴ〈クロムリッツ・リルト〉
[07]  アンダンテ〈ポワート・オン・ザ・グリーン〉
[08]  今夜は冷える〜ハ・ダ・ロラル・オ
[09]  すべての全量なるみなさん、このクリスマスの季節に
    〈水仙〉J.オズワルド《四季のエア》春より
[10]  エア:パストラーレ・アンダンテ
[11]  ジーガ・ヴィヴァーチェ
[12]  ミス・アドミラル・ゴードンの
    スロラスペイ〜リール・オブ・トゥロッホ
    〈キンポウゲ〉J.オズワルド《四季のエア》春より
[13]  アリア:モデラート
[14]  アレグロ・アンダンテ
[15]  テンポ・ディ・ミヌエット
[16]  我が家は大騒ぎ〜ジョン・ライアンのポルカ〜鍋のお直しいたします
    〈マツユキソウ〉J..オズワルド《四季のエア》冬より
[17]  アッフェットゥオッシモ:ラルゲット
[18]  ガヴォッタ:アレグロ
[19]  見よ、輝ける朝を〜戸口を飾ろう〜ハーレフ城の勇士〜朝までずっと
[20]  ああ、なんということ

丹沢広樹先生がメンバーの一員である「ソナール・カンタンド」のCDがリリースされました!

イタリア語の「歌いつつ奏する」という意味を持つ「ソナール・カンタンド」は、歌い手でありながら同時に様々な楽器を奏する春日保人をはじめ、メンバー全員が演奏する上で歌心(カンタービレ)を持ち、それぞれの作品にある「情感」を音楽の表現目的として2007年に結成されたアンサンブルです。これまでに『情熱のフランス・バロック』『魅惑のケルティック・バロック』『敬虔なるドイツ・バロック』『バッハ‐偉大なる父とその息子たち』など意欲的・独創的なプログラムを世に送り、「音楽の友」誌にて「評論家が選ぶコンサート・ベストテン2008」にも選出されました。2010年、2012年とイタリアのブレーシャ国際古楽音楽祭”Settimane Barocche di Brescia”に招聘されるなど、国内外で活躍。2012年にはクレモナの聖アガタ教会でも演奏、満場の喝采を受ける。

なお、CDは当店でも取り扱っております♪ ご興味がおありの方はぜひお問い合わせください。
CDは\2500+消費税となります。
ページトップに戻る

Copyright (C) 2009 Piano Clinic Yokoyama. All Rights Reserved